楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/ 1,500円以上の注文は送料無料!
キーワードを入力して書籍検索ボタンを押して下さい。

2006年03月28日

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

なるほど〜(*б。б)
と、思える内容がいろいろあって面白いです♪

難しい内容は飛ばして読んでいいと書いてあったので
お言葉に甘えて、バシバシ飛ばしちゃいましたw



【内容】
日々の生活に転がっている「身近な疑問」から考えはじめることで、
会計の重要なエッセンスを学んでいきます。
いわゆる「会計の入門書」ではありません。
細かい財務諸表はひとつも出てきませんし、
専門用語もそれほど多くはないので、
気を楽にして、ひとつの読み物として読んでみてください。

【目次】
1 さおだけ屋はなぜ潰れないのか?―利益の出し方
2 ベッドタウンに高級フランス料理店の謎―連結経営
3 在庫だらけの自然食品店―在庫と資金繰り
4 完売したのに怒られた!―機会損失と決算書
5 トップを逃して満足するギャンブラー―回転率
6 あの人はなぜいつもワリカンの支払い役になるのか?―キャッシュ・フロー
7 数字に弱くても「数字のセンス」があればいい―数字のセンス


【さおだけ屋はなぜ潰れないのか?】

著者:山田真哉
出版社:光文社
サイズ:新書/216p
発行年月:2005年02月
【関連する記事】
posted by 読書家 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | まあまあオススメ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。