楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/ 1,500円以上の注文は送料無料!
キーワードを入力して書籍検索ボタンを押して下さい。

2006年03月26日

天使のナイフ

東野圭吾さんの作品「さまよう刃」と同じように
少年法が抱える問題点を描いた作品。

登場人物それぞれに、意外な一面が隠されていたり、
推理を何度もくつがえされたりと、
よく考え抜かれた作品で面白いです♪

続きが気になって、途中でやめるのが難しいw
一気に読んでしまいました(〃^ー^〃)b


【ストーリー】
殺してやりたかった。
でも殺したのは俺じゃない。妻を惨殺した少年たちが死んでいく。
これは天罰か、誰かが仕組んだ罠なのか。
「裁かれなかった真実」と必死に向き合う男を描いた感動作!
衝撃の展開!驚愕のラスト!

生後5カ月の娘の目の前で桧山の妻は惨殺された。
犯人は13歳の少年3人。4年後、犯人の少年の1人が殺され、桧山に容疑が。
少年たちの4年間を追う桧山が見た驚くべき真実と恐るべき過去とは?


【天使のナイフ】

著者:薬丸岳
出版社:講談社
サイズ:単行本/350p
発行年月:2005年08月
posted by 読書家 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | かなりオススメ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15527088

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。