楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/ 1,500円以上の注文は送料無料!
キーワードを入力して書籍検索ボタンを押して下さい。

2006年10月01日

東京タワー

最初のうちは、たんたんと話が進み、
あんまり熱中して読むことができませんでしたが、
やはり後半になると熱中してきます♪

その人の人生をちゃんと知っているからこそ
その人の死がとても悲しく感じます。
最後は結構泣けました。・°°・(ノ_δ、)・°°・。

個人的に印象に残っている言葉。
オトンのセリフを抜粋すると・・・

「まあ、これからおまえが誰と付き合うにしてもやなぁ、
女には言うてやらんといけんぞ。
言葉にしてちゃんと言うてやらんと、女はわからんのやから。
好いとるにしても、つまらんにしても。
お父さんもずっと思いよったけど、おまえもそうやろう。
1+1が2なんちゅうことを、なんでわざわざ口にせんといかんのか、
わかりきっとるやろうと思いよった。
そやけど、女はわからんのや。
ちゃんと口で2になっとるぞっちゅうことを
言うてやらんといけんのやな。
お父さんは、お母さんにも最後までそれができんかった・・・・。
取り返しがつかんことたい。
やけど、まだおまえは若いんやから、これからは言うてやれよ・・・・。」



世の男性陣に、よく読んでいただきたいお言葉でした♪ (*ノノ)



【ストーリー】
「いつか本当にやってくること。
確実に訪れることがわかっている恐怖。ボクが1番恐れていること」。

あまりにも日常的で、いることが当たり前だと思っていたオカンの死。
本当に大切なものが、こんなにも身近にあると気づかされ、
笑った後に泣かされる、著者の自伝的小説。


【東京タワー オカンとボクと、時々、オトン】

著者:リリー・フランキー
出版社:扶桑社
サイズ:単行本/449p
発行年月:2005年06月
posted by 読書家 at 10:29| Comment(14) | TrackBack(0) | オススメ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。