楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/ 1,500円以上の注文は送料無料!
キーワードを入力して書籍検索ボタンを押して下さい。

2006年10月01日

東京タワー

最初のうちは、たんたんと話が進み、
あんまり熱中して読むことができませんでしたが、
やはり後半になると熱中してきます♪

その人の人生をちゃんと知っているからこそ
その人の死がとても悲しく感じます。
最後は結構泣けました。・°°・(ノ_δ、)・°°・。

個人的に印象に残っている言葉。
オトンのセリフを抜粋すると・・・

「まあ、これからおまえが誰と付き合うにしてもやなぁ、
女には言うてやらんといけんぞ。
言葉にしてちゃんと言うてやらんと、女はわからんのやから。
好いとるにしても、つまらんにしても。
お父さんもずっと思いよったけど、おまえもそうやろう。
1+1が2なんちゅうことを、なんでわざわざ口にせんといかんのか、
わかりきっとるやろうと思いよった。
そやけど、女はわからんのや。
ちゃんと口で2になっとるぞっちゅうことを
言うてやらんといけんのやな。
お父さんは、お母さんにも最後までそれができんかった・・・・。
取り返しがつかんことたい。
やけど、まだおまえは若いんやから、これからは言うてやれよ・・・・。」



世の男性陣に、よく読んでいただきたいお言葉でした♪ (*ノノ)



【ストーリー】
「いつか本当にやってくること。
確実に訪れることがわかっている恐怖。ボクが1番恐れていること」。

あまりにも日常的で、いることが当たり前だと思っていたオカンの死。
本当に大切なものが、こんなにも身近にあると気づかされ、
笑った後に泣かされる、著者の自伝的小説。


【東京タワー オカンとボクと、時々、オトン】

著者:リリー・フランキー
出版社:扶桑社
サイズ:単行本/449p
発行年月:2005年06月
posted by 読書家 at 10:29| Comment(14) | TrackBack(0) | オススメ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

誰か

先が気になって一気に読んでしまう、
という感じではありませんでしたが
やはり後半になると面白くなってきます。

意外な方向に話が進んでいく感じがしました♪


【ストーリー】

今多コンツェルンの広報室に勤める杉村三郎は、
義父でありコンツェルンの会長でもある今多義親からある依頼を受けた。

それは、会長の専属運転手だった梶田信夫の娘たちが、
父についての本を書きたいらしいから、
相談にのってほしいというものだった。

梶田は、石川町のマンション前で自転車に撥ねられ、
頭を強く打って亡くなった。

犯人はまだ捕まっていない。
依頼を受けて、梶田の過去を辿りはじめた杉村が知った事実とは……!?


【誰か】

著者:宮部みゆき
出版社:光文社
サイズ:新書/361p
発行年月:2005年08月
ジャンル:長編推理小説
posted by 読書家 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | まあまあオススメ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

ハリーポッターと謎のプリンス

読破しました♪

続きがものすごーーーーく気になります。
次回完結するんですよね?

それぞれの恋の行方も気になる♪

進路はどう決めるのかな?
ハリーは、なんとなく最終的には
闇の魔術に対する防衛学の先生になるんじゃないかなー

なんて勝手に想像しています。
だって、魔法省とあんまり上手くいってる感じしないし・・・
なんかハリーのために先生の座が残されている感じがw

それから、個人的に、ハリーの叔母さんの存在が
ちょっと気になります。
ところどころで意味ありげじゃないですか???



楽天ブックス
posted by 読書家 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | かなりオススメ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

こげぱん

「どうせ捨てるんでしょ・・・・」
でおなじみのこげぱんシリーズ♪

こげぱんのお菓子のイラストを見て、面白いなって思ったんで
4コマ漫画も読んでみました♪
これまた、結構笑えます!!!

ほんわか、かわいいキャラがいっぱいで
なんとか買ってもらおうとするこげぱんの無表情がなんともぷりてぃー♪


毎日入れ替わっているはずのパンたちが
長年のお知り合いなのはナゼ('(ェ)'*)???


【こげぱん】

やさぐれマンガ

著者:たかはしみき
posted by 読書家 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

どちらかが彼女を殺した

【私が彼を殺した】と、同じようなタイトルだったので、
何か関連があるのかな?
と思って読んでみたら、やっぱりありました♪

同じ登場人物らしき人が出てきましたよ。

内容もやはり、同じような感じで
最後の最後まで推理を楽しめるものでした。

個人的には、【私が彼を殺した】の方が好きかもしれない・・・



【ストーリー】
最愛の妹が偽装を施され殺害された。
愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は
独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。

一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。
妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、
その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。
殺したのは男か?女か?
究極の「推理」小説。

【どちらかが彼女を殺した】

posted by 読書家 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

私が彼を殺した

最後の最後まで、ばっちり推理を楽しめる小説です!
誰が犯人なのか、実は私は最後まで分からずに、
ネットで調べちゃいましたw


【ストーリー】
婚約中の男性の自宅に突然現れた一人の女性。
男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺をはかった。
男は自分との関わりを隠そうとする。
醜い愛憎の果て、殺人は起こった。
容疑者は3人。
事件の鍵は女が残した毒入りカプセルの数とその行方。
加賀刑事が探りあてた真相に、あなたはどこまで迫れるか・・・



【私が彼を殺した】

著者:東野圭吾
出版社:講談社
サイズ:文庫/431,
発行年月:2002年03月
posted by 読書家 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

トキオ

東野圭吾さんの作品は、
どんでん返しを繰り返す推理小説が多いのですが、
この作品は、そんなに推理に重点を置いていません。
いつもとは違った感じですが、とても面白いです♪

何もかも人のせいにして生きている男の
心境の変化が、何故だか心温まります。



「俺はあんたの息子なんだよ」・・・・・・・


【ストーリー】
不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、
宮本拓実は妻に、二十年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。

どうしようもない若者だった拓実は、
「トキオ」と名乗る少年と共に、
謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った―。

過去、現在、未来が交錯するベストセラー作家の集大成作品。


【時生】

著者:東野圭吾
出版社:講談社
サイズ:文庫/533p
発行年月:2005年08月
『トキオ』改題書
posted by 読書家 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

なるほど〜(*б。б)
と、思える内容がいろいろあって面白いです♪

難しい内容は飛ばして読んでいいと書いてあったので
お言葉に甘えて、バシバシ飛ばしちゃいましたw



【内容】
日々の生活に転がっている「身近な疑問」から考えはじめることで、
会計の重要なエッセンスを学んでいきます。
いわゆる「会計の入門書」ではありません。
細かい財務諸表はひとつも出てきませんし、
専門用語もそれほど多くはないので、
気を楽にして、ひとつの読み物として読んでみてください。

【目次】
1 さおだけ屋はなぜ潰れないのか?―利益の出し方
2 ベッドタウンに高級フランス料理店の謎―連結経営
3 在庫だらけの自然食品店―在庫と資金繰り
4 完売したのに怒られた!―機会損失と決算書
5 トップを逃して満足するギャンブラー―回転率
6 あの人はなぜいつもワリカンの支払い役になるのか?―キャッシュ・フロー
7 数字に弱くても「数字のセンス」があればいい―数字のセンス


【さおだけ屋はなぜ潰れないのか?】

著者:山田真哉
出版社:光文社
サイズ:新書/216p
発行年月:2005年02月
posted by 読書家 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | まあまあオススメ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

天使のナイフ

東野圭吾さんの作品「さまよう刃」と同じように
少年法が抱える問題点を描いた作品。

登場人物それぞれに、意外な一面が隠されていたり、
推理を何度もくつがえされたりと、
よく考え抜かれた作品で面白いです♪

続きが気になって、途中でやめるのが難しいw
一気に読んでしまいました(〃^ー^〃)b


【ストーリー】
殺してやりたかった。
でも殺したのは俺じゃない。妻を惨殺した少年たちが死んでいく。
これは天罰か、誰かが仕組んだ罠なのか。
「裁かれなかった真実」と必死に向き合う男を描いた感動作!
衝撃の展開!驚愕のラスト!

生後5カ月の娘の目の前で桧山の妻は惨殺された。
犯人は13歳の少年3人。4年後、犯人の少年の1人が殺され、桧山に容疑が。
少年たちの4年間を追う桧山が見た驚くべき真実と恐るべき過去とは?


【天使のナイフ】

著者:薬丸岳
出版社:講談社
サイズ:単行本/350p
発行年月:2005年08月
posted by 読書家 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | かなりオススメ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

100回泣くこと

ごくありふれた生活の中でおこった
突然の悲しい出来事。

現実にありえる話なだけに
自分の身の回りでもしそんなことが起こったら・・・・
と考えると、なんとも切なくなるお話でした。

今の自分が、とても幸せに思える本です♪


【ストーリー】
交際3年。求婚済み。年の差なし。
ここが世界の頂点だと思っていた。
こんな生活がずっと続くんだと思っていた―。

幸福も不幸も突然やってくる。
幸福の絶頂にいた主人公に降りかかる不幸とは?
愛する人のために何ができるか?


【100回泣くこと】

著者:中村航
出版社:小学館
サイズ:単行本/189p
発行年月:2005年11月
posted by 読書家 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | まあまあオススメ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。